DIVING GEAR MECHANICAL SERVICE
DGMS
http:// DGMS.CO.JP
[  トップページ / オーバーホールとは / 作業環境 / 料金 / 取扱いメーカ  ]

イビングを楽しんで行くために欠かせないダイビング器材ですが
海で使った後はどのようなお
入れをしていますか?
みなさん真水でよく洗い、陰干しをして保管すると答えられます。

しかし残念ながら内部まできちんと洗う事は不可能なのが現状です。
そこにが溜まると動かなくなる場合があり、可動しているOリングや
パッキン等の変形、またヒビ割れるとエア漏れの原因となります。
そしてオーバーホールしないで使用を続けた場合・・・・・
最悪、水中で突然エアーが供給されない事態もありるのです。

そこで定期的な器材のオーバーホールが必要となります。
オーバーホールとは車の車検のようなもので、

1年間もしくは100ダイブを目安に定期的に点検します。

細部にわたりすべてのパーツを分解し、全パーツを洗浄します。
また洗浄だけでは落ちない"緑青"と呼ばれる錆も丁寧に落とします。
消耗パーツや、使用状況に応じて向こう1年間使用しても問題が
起きないよう、状態の悪いパーツを交換します。

当社は安全で確実なオーバーホールを実施しております。


info@dgms.co.jp
ダクムス